専門の女性カウンセラーがインプラント治療の対応をいたします。

  • HOME
  • サイトマップ

お気軽にご予約・ご相談ください。048-754-8241
インプラント
インプラント治療とは

インプラント治療とはインプラントとは、人工歯根を顎の骨に埋入し、その上に新しい歯を被せるという治療法です。

入れ歯のように義歯を歯茎に乗せるだけの治療法と異なり、顎の骨が痩せる心配もありません。

また、ブリッジのように、周囲の健全な歯を削る必要もないので、インプラント治療後は、違和感や痛みを伴わずに本来の機能を回復することができます。

一般的には、インプラント骨と結合するのに2ヶ月〜6ヶ月間ほど待たなければならないのですが、最近では患者さまの状態によってその日の内に治療が終わる治療法もあります。

当院の場合では、通院回数はおよそ6回ほどで、骨がなくて他院でインプラント治療を断られてしまったような患者さまでも問題ありません。

当院では最高年齢89歳でインプラント治療された患者さまがいらっしゃいます。

インプラントのメリット

他の歯に負担をかけない

失った歯の代替として、入れ歯やブリッジを選択した場合には、どうしても周囲の歯に負担をかけることになってしまいましたが、インプラントであれば、失った歯の部分のみを治療するので、周囲の歯に負担をかけることがありません。

天然歯と同じように噛むこと、食べることが可能

インプラントは入れ歯やブリッジとは違って、骨にしっかりと固定されていますので力をかけて噛むことができます。
精神的にも、健康的にも、好きな物を気にすることなく食べることが出来るということは、日常生活にストレスも少なく、楽しく過ごすことが出来ます。

笑ったときに、銀歯や金歯を気にせず笑える

日々の生活の中で、笑うことは健康面で大きな効果があると言われています。
大きな口を開けて笑うときに、入れ歯が外れてしまう心配や、銀歯や金歯が見えたりすることもありません。

インプラントのデメリット

外科手術である故のリスク

失った歯の代替として、入れ歯やブリッジを選択した場合には、どうしても周囲の歯に負担をかけることになってしまいましたが、インプラントであれば、失った歯の部分のみを治療するので、周囲の歯に負担をかけることがありません。

治療期間が長い

まず、インプラントが骨と結合するまで、6週間以上は待ちます。さらに、歯周病を患っていたり、骨の状態が悪く、骨造成する場合には、インプラント治療を始めるまでに何ヶ月も待つこともあります。

治療費が高い

インプラントは保険が適用されないので、治療費が他の治療と比べて安くはありません。
インプラント治療は保険では認められない理由のひとつは、国がその一部を負担したら膨大なコストがかかるからです。優れた治療法だからこそ、それだけ材料費や技術費にコストが掛かる治療だということです。

インプラント治療の流れ
検査・治療計画
1.問診
問診まず最初に患者さまが、インプラント治療を受けたい理由・悩み・要望などお聞かせください。その後、現状、治療を行うための条件が揃っているかを確認します。
2.口腔内検査
患者さまの口腔内の状態を把握するために、虫歯、歯槽膿漏、歯周炎などの有無、粘膜や骨の状態などを調べ、これまでの歯の治療歴などについてお伺いします。
3.レントゲン検査
レントゲン検査口腔内全体の状態を確認、撮影できるレントゲンとCTスキャンで顎の骨の形や、骨量を立体的に把握し、基本的な治療計画を立てます。(症例によっては、CT撮影を行わない場合もあります。)

第一次治療
1.口腔内を消毒後、麻酔をかける
無菌の手術室で滅菌された医療器具を使用するだけでなく、施術者も十分消毒して、感染源を排除して行います。
治療に入る際は、まず患者さまに局所の麻酔を施します。麻酔は、患者さまが痛みを感じることのないよう、表面麻酔や電動麻酔を使用します。症例によっては、専門の麻酔医が帯同することもあります。
また、歯科恐怖症の患者さまなどは、静脈内鎮静法という麻酔方法を使用し、眠っている間に手術を済ませることも可能です。
2.骨に孔を形成し、インプラントを埋入 ※症例によってはここで固定式の仮歯が完成
インプラント治療の流れ麻酔が効いてきたことを確認し、治療に取り掛かります。まず、治療部位の歯肉を切開して、歯槽骨を露出させます。
専門のドリルを使用して、その骨に的確な角度で孔をあけ、人工歯根を埋入し、カバーを装着します。
最後に歯肉を縫い合わせて、第一次治療は終了となります。
第二次治療(2〜6ヶ月後)上部構造の作製と装着
1.型採り
第一次治療で埋入した口腔内の型採りをし、模型を作製します。噛み合わせなど、機能性を充分に配慮された位置取りを行い、仮歯を制作します。
2.仮装着・噛み合わせの調整
患者様に、実際に仮歯を使用してもらい、噛み合わせの状態を確認、調整していきます。
1〜2週間ほど様子をみて、噛み合わせが悪そうな場合は仮歯を削って微調整していきます。
3.完成
全ての部位に緩みがなく、他にも問題がないことを確認しましたら、最終的にしっかりとネジを固定し、治療は完了となります。
メンテナンス
1.メンテナンスの基本は毎日のハミガキ
天然歯と比べるとインプラントは、歯槽膿漏にかかりにくいですが、最悪の場合、埋入したインプラント体が抜けてしまうことあります。そんな状況を防ぐためには、患者さまの日頃のセルフケアが非常に重要です。天然歯のときと同様に、食後にしっかりと歯磨きをしてプラークコントロールしてください。
2.定期検診も忘れずに
インプラント治療完了後1ヶ月で定期検診を受けてください。
最初の1年は、インプラント体と骨が結合していく途中段階なので、その後も半年ごとの定期検診で治療部位の清掃状態や歯茎の状態、噛み合わせの具合などの細かなチェックを受けることが大切です。

■ インプラント関連メニュー
・日本でも有数の実績   ・最新、最高の設備   ・インプラントの費用
最高品質のインプラントメーカー   ・インプラントについて   従来の治療との比較

インプラント専門の女性カウンセラーが対応いたします
ページの先頭へ
  • HOME
  • 診療コンセプト
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 料金表
  • アクセス・診療時間
  • メディア掲載
  • 採用情報
お問い合わせはこちらから インプラント無料相談も実施!
世界No.1シェア ストローマンインプラントご存知ですか? 医療費控除 患者様からのQ&A 出張インプラント インプラントセンター春日部 埼玉審美矯正歯科センター 歯科用CT完備 デンタルローンメディカルクレジット「噛める幸せをいつまでも!」アイビーオーより好評発売中!!

Clinic Information
埼玉県春日部市粕壁1-7-1