小児矯正・成人矯正治療について。

  • HOME
  • サイトマップ

お気軽にご予約・ご相談ください。048-754-8241
矯正歯科
矯正歯科とは

矯正歯科治療とは、単に歯並びや噛み合わせを治す治療だけではありません。
歯並びが悪ければ、噛み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整ったきれいな歯並びが常識となっており、子供の時期から矯正治療を行うことが一般的となっています。
最近では、日本人の考え方も審美から健康の獲得へと変化してきています。

矯正歯科は、歯並びを治すことにより、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼(そしゃく)機能を取り戻し、健康な体と心をつくるための歯科治療です。

埼玉審美矯正歯科センター  >> 矯正歯科について詳しくはこちらもご覧ください。


歯並びが悪くなる原因
遺伝
歯の大きさや本数は遺伝によって決まっています。
親が受け口であれば、その子供も受け口になりがちな傾向があります。
食事
良く噛まなくても食べられる柔らかいものばかりの食生活では、あごが十分に発達せず、歯の大きさとのバランスが悪くなり、結果として小さなあごに大きな歯が並びきれず悪い歯並びとなります。
癖(くせ)
唾を飲む時に舌を突き出したり、指しゃぶりなどの癖を続けていると、開咬(前歯が噛み合わない)や、出っ歯の原因になることがあります。
乳歯の虫歯
乳歯は永久歯がきちんを生えるためのガイドの役目をしています。そのため乳歯が虫歯で失われたりすると、永久歯が正しい位置に生えてこれず、歯並びや噛み合わせに影響します。
口呼吸
正常な呼吸の方法は鼻呼吸ですが、口呼吸を続けていると、歯を唇で押さえる力が弱くなって舌の位置が変わったり、筋肉のバランスが崩れ、受け口や出っ歯の原因になることもあります。顔面の発育・成長にも悪影響を及ぼします。
小児矯正治療

小児矯正歯科治療小児矯正治療とは、顎骨が成長している子供の時期に行う矯正のことです。
顎の骨の成長が終わってしまっている大人に比べ、子供の時期だと成長段階なので歯が動きやすく、成長に合わせコントロールしながら矯正治療を行うことが可能です。

矯正治療自体は大人になってからでも可能なのですが、子供の時期に矯正をするほうが負担は少なく、理想的な矯正治療を行えます。

矯正治療は大学病院の矯正専門医が担当いたします。

成人矯正治療

成人矯正歯科治療歯の矯正治療は子供ばかりを対象とした治療ではありません。
大人の矯正治療では、顎の大きさに対して歯が並びきらずデコボコしている場合や、歯列が出ている場合が多く、歯を抜いてそのスペースを埋めるように並び替えたり、前歯を後ろに下げたりします。

治療期間が2期に分かれないため、平均で2年程と子供の治療に比べると短期間で治療が終わります。

噛み合わせ(歯並び)の悪さが原因で歯周病や発音障害、肩こり等を起こす場合もあります。
美しい笑顔と健康な生活のために矯正治療を受けてみませんか?

矯正治療は大学病院の矯正専門医が担当いたします。

ページの先頭へ
  • HOME
  • 診療コンセプト
  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 料金表
  • アクセス・診療時間
  • メディア掲載
  • 採用情報
お問い合わせはこちらから インプラント無料相談も実施!
世界No.1シェア ストローマンインプラントご存知ですか? 医療費控除 患者様からのQ&A 出張インプラント インプラントセンター春日部 埼玉審美矯正歯科センター 歯科用CT完備 デンタルローンメディカルクレジット「噛める幸せをいつまでも!」アイビーオーより好評発売中!!

Clinic Information
埼玉県春日部市粕壁1-7-1